traceCLEANについて

traceCLEAN(トレースクリーン)は、酸加熱還流方式による自動洗浄装置です。微量金属元素分析のための器具洗浄に最適です。マイクロ波試料前処理装置用の容器だけでなく、ICP、ICP-MS用アクセサリー、一般的なテフロン・ガラス・クォーツ製の器具を自動洗浄し、そのまま保管ラックとして装置内で密閉管理することも可能です。

洗浄用の酸試薬は、装置内でサブボイリングにより純粋な酸蒸気として精製されます。洗浄処理は密閉システム内で行われるため、作業者と酸蒸気との接触はありません。また、洗浄室内は高純度ガラス容器、装置本体はPTFEコーティングされたステンレスを採用しています。

処理プログラムを制御する付属コントロールターミナルでは、プログラムの作成・保存・実行が可能です。

微量金属元素分析に対応した酸還流洗浄システム

マイクロ波分解容器、ICP-OES・ICP-MS用アクセサリー、フッ素樹脂・ガラス・石英器具の自動洗浄装置として最適

高温の酸蒸気洗浄による高い洗浄効率

急速加熱・冷却排気機能による洗浄時間の短縮

フッ素樹脂製ラックホルダーとガラスポットによる密閉系加熱処理

ラックホルダーの昇降リフト機能を内蔵

ガラスポット内の試薬の自動回収システムを搭載(※オプション機能)

耐酸性PTFEコーティングされたステンレス製本体ボディー

traceCLEAN

traceCLEANの構造

簡単操作

洗浄する器具類をラックホルダー内のガラスチューブにセットし、処理プログラムを実行します。密閉されたガラスポット内で繰り返し還流される高温の酸蒸気によって、器具類を洗浄します。
標準プログラムでは1時間程度で洗浄が完了されます。洗浄後の器具類は、そのままポット内に保管することが可能です。

従来法との違い

  • 漬け置きや超音波などの非加熱洗浄操作に比べて、酸試薬による高温加熱操作は高い洗浄効果が期待できます。
  • traceCLEANは繰り返し酸試薬を利用することができるため、洗浄操作ごとの試薬消費を抑えることができます。
  • 高温・常圧条件下での洗浄操作は、マイクロ波分解容器への加圧負担を減らし、長期間安定した性能を保つことができます。

カタログ

簡易カタログ(PDF版)

お申込みフォームへ移動し必要事項をご登録いただきますと、ダウンロード用のURLが記載されたメールが、ご登録いただきましたメールアドレス宛に自動的に送信されます。
もしメールが届かない場合は、再度お手続きいただくか、お問い合わせくださいますようお願いいたします。

簡易カタログのお申し込みはこちら

製品カタログ(冊子)

詳細情報が記載された製品カタログ(冊子)の郵送をご希望の方は、こちらからご用命ください。
カタログがお手元に届くまで少々お時間をいただきますが、万が一、数日経過しても届かない場合は、誠に恐れ入りますが、弊社までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

製品カタログのお申し込みはこちら